まとめ

【新入社員必見!】同期と差をつけろ!身だしなみ まとめ【基礎】

更新日:

先輩、上司は新人の身だしなみを予想以上に見ている

どうも こんにちは

最近街を歩いているとフレッシュマンが目につくようになった。

4月はなぜこんなにも初々しいサラリーマンが多いのに

 

なぜ年度末には全くいなくなるのか・・・

 

日本の闇だ

 

そんなことは置いといて・・・

 

先輩、上司は身だしなみを見ています。

思っている以上に

人は外見から入るのですよ(真理)

その印象がいいと仕事の印象も変わります。

なので、身だしなみは軽視できないというわけですね^^

 

ど基礎編

f:id:n38243824:20170411233858j:plain

悲劇の新入社員にならない為に気をつけてほしいことがある。

当たり前のことだけど・・・

これで日本の一人でも恥をかかなくて良くなら幸いだと思う

新調したスーツの後ろ部分の糸がまだついている

これ、おっさんでもたまにいるんだよね・・・

そもそもこの記事を今日書こうと思った理由が実際に見かけたからです。

エスカレーターの前の人のジャケット下部が糸で繋がってたら

引きちぎりたくなるのは私だけでしょうか笑

入社と共に二着目を新調したりすると思うので気をつけて欲しい。

クリーニングのタグがついている

上記と同じでクリーニングしたてのスーツで会社に向かいたいからタイミングとしてはあるんだよな。

気をつけて欲しい。

注意もやり辛いので笑

短い靴下履いちゃう

スーツスタイルなら長い靴下を履きましょう。

「まだ学生気分かな?」

とか思われても文句は言えないです。

ぼくのおすすめは、

同じ柄の黒の靴下をセット購入することです。

理由はかんたん

普通なら

右足側の親指が破れた、捨てよう

となったとき左足側はまだ使えるわけです。なのに捨てる。

 

同じ靴下をたくさん購入することで、

靴下は対である

という呪縛から開放されるわけですね(大げさ)

ぼくはドンキで大量購入しましたよ^^

ほんま捗る

 

もちろん、ビジネスの場面で靴下でおしゃれしたい人は無理かもしれませんが・・・

 

基礎編

ここからは真面目に書いていきたいです。

ネクタイ

f:id:n38243824:20170411233922j:plain

よく毎日同じネクタイをつけてくる新人がいたりします。

印象としては・・・

「身だしなみはあまり気にしないのかな?」

といった感じで受け取られてしまいます。

まずはここで差をつけましょう^^

 

ネクタイは高価なものではなくお手軽な価格のものを複数用意しましょう。

毎日違うものをつけることを前提に5本あればいいと思います。

だいたい1000円〜3000円くらいのもので大丈夫です。

色もバリエーション豊かに揃えた方が、

着ける楽しみもでるのではないでしょうか!

ネクタイの選び方のコツは個人的な見方になるのですが・・・

 

  1. 青、紺、灰色辺りの無難な色は安価なもので大丈夫
  2. ピンク、赤、黄色などの派手で遊びのある色はワンランク上のネクタイにする

 

f:id:n38243824:20170412002504j:plain

 1に関しては、色が落ち着いている分、高級感が柄だけでもある一定水準を担保できます。

故に無理に高価なものを初めから手を出さなくても大丈夫と考えます。

もちろん、落ち着いた色の勝負ネクタイを持っているのもいいとは思いますが笑

 

f:id:n38243824:20170412002519j:plain

2に関しては、どうしても柄からは軽い印象を受けます。

もし2の柄で貧相な品質のネクタイを使用すると、

「安っぽいネクタイだな」

と感じ取られてしまいます。

色に遊びがある分、生地のしっかりしたものを選びたいところです。

 

購入場所は、洋服の青山スーツの青木 など量販店でセット購入するといいかと思います。

少し良いネクタイが良いなら、タケオキクチ なんかがぼくはおすすめです。

靴 ベルト

f:id:n38243824:20170411233948j:plain

「おしゃれは足元から」

とはよく言いますが・・・

足元がダメだとスーツが良くてもだらしなく見えてしまいます・・・

靴で気をつける点は一つ。

とりあえず磨け

これだけです。

靴屋で売られている黒い無難な革靴でいいです。

ブランドはまずはいいから手入れをしましょう。

厳密には革靴にも種類があるのですが・・・

ぼくはドラマから知識を仕入れました笑

余談ですが、このドラマなかなか知的好奇心をくすぐられるからおすすめ^^

 

ここで、靴、ベルトの注意点。

ベルトと靴を同じ色にしましょう。

基本的に揃えるのが常識なのでもし茶色系の革靴を購入した場合、

ベルトも合わせましょう

スーツ

f:id:n38243824:20170411235659j:plain

スーツで言えることも一つです。

とにかくサイズを重視しろ

スーツの世界は奥が深くて、正直まだぼくは語るに値しないです。

高価なものは、生地の光沢がやはり違います。

しかし、新入社員目線でスーツを語るなら、

サイズをイチバン気をつけて欲しいです

お金持ちがオーダーで仕立てるのもサイズ感が理由の一つなのです!

 

よくスーツ量販店で、「身長170cm」などとタグがついていたりします。

しかし、ぼくの場合は肩幅があるのでこれでは小さいのです。

ワンランク上にするとぴったりになります。

とにかく試着してぴったりのものを探しましょう!

スーツ購入のコツは、実際にYシャツを着て

試着時、実際スーツを着るスタイルになることです。

サイズが合っているだけでスマートに見えるので、

意識していない人と確実に差がつけられます

ぼくはスーツのサイズではなく、自分自身のサイズをスーツに合わせるべく、痩せようと思いました

まとめ

  • まずはブランドにこだわらない
  • 身だしなみに気をかける意識をもつ
  • 新入社員がやりがちな身だしなみのタブーをしない

初任給が入ったら仕事道具である「衣」にお金を使うのもいいのではないでしょうか?

 

The following two tabs change content below.

にっしー

20代 広島出身 東京在住 IT系フリーランスをしております。 業務:システム開発、WEBメディア制作 趣味:旅行、食べ歩き、読書

-まとめ

Copyright© @えぬログ , 2017 All Rights Reserved.