お出かけ

【知名度0】日体大で水球を観てきた【水球】

更新日:

 

f:id:n38243824:20170613085851p:plain

先週末に関東学生リーグがあったので、水球を観てきました!

ぼくは中学、高校時代水球部でしたので、観戦も好きなのですが、いかんせん関東ですら中々試合を観る機会がないので今回見に行くことができたのは貴重でした!

 

知名度0の水球ですが、少し紹介したいと思います!

   

そもそも水球とは?

ポセイドンジャパン(水球男子日本代表)がオリンピックの話題でメディア露出していたのが記憶に新しいですね。

f:id:n38243824:20170613091248p:plain

 

また、水球ヤンキースというドラマがあったので、そちらで水球を知った方もいるかもしれません!

f:id:n38243824:20170613091338p:plain

 

しかしそれでも、水球というスポーツがどのような競技なのか知らない方も多いハズ!

 

水球(すいきゅう、: water polo)は、プールで行われる球技。7名で構成された2つのチームが、プールに作られたコート内で、ゴールにボールを入れあい点数を競う競技である。 体のほとんどが水中にあるために反則は分かりにくく、掴む、蹴るといった行為が日常的に発生する事から「水中の格闘技」とも言われている。

19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。

wikipediaより転載

 そう、ハンドボールをプールでする感じのスポーツです!

どんなフィールド?

プールにコースロープで区切ってフィールドを作っています!

f:id:n38243824:20170613092500p:plain

縦30m、横20m、深さ約2mです!

足は届かないので、巻き足という浮く技術で浮いています!

f:id:n38243824:20170613092630p:plain

説明画なのに無駄にエロい

ボールは意外と大きい?

ハンドボールよりは一回り大きいです!

f:id:n38243824:20170613091117p:plain

手のひらには収まりきらないくらいの大きさです。

表面は特殊なゴム状で、濡れると手に吸い付くような感覚で持つことができます。

水中の格闘技!

体のほとんどが水中にあるために反則は分かりにくく、掴む、蹴るといった行為が日常的に発生する事から「水中の格闘技」とも言われている。

 水中って審判には見えないので、色んなことをしているわけですね。

f:id:n38243824:20170613092051p:plain

激しい

f:id:n38243824:20170613092221p:plain

アグレッシブ!

水中の駆け引きがある奥深いスポーツと言えます!

日体大に潜入!

 今回は、関東学生リーグを観戦しにいきました!

www.facebook.com

場所は日本体育大学 健志台キャンパスです!

f:id:n38243824:20170613093117p:plain

東京から結構距離があります^^;

 

このキャンパス、とにかくスポーツをする為の施設がたくさんあります・・・

陸上競技トラックやラグビー場など充実しています。

 

さすが日本一の体育大学

日体大のプールです

f:id:n38243824:20170613093613p:plain

 

屋外温水プールで、競泳・水球用の50mと、水深5mの飛込み専用プールがあります。

水泳の授業の他にダイビングの事前実習にも使用されています。

温水プールのため3月下旬から12月まで使用でき、水泳部(競泳、飛込、水球)が活動をしています。

日体大HPより

いくら温水でも3月とか12月とか寒くないですか・・・

さすが、がちの水球集団です・・・

まとめ 

学生の大会なので、観に来ている人は、大学の関係者、保護者くらいです。

でも、アジア大会が日本で開催された時は満員になったんですよ!

去年開催された時の写真(東京体育館 プール)

 f:id:n38243824:20170621164144j:image

こんな世界もあるのか・・・と知っていただければ幸いです笑

 

 

The following two tabs change content below.

にっしー

20代 広島出身 東京在住 IT系フリーランスをしております。 業務:システム開発、WEBメディア制作 趣味:旅行、食べ歩き、読書

-お出かけ

Copyright© @えぬログ , 2017 All Rights Reserved.